人生は向上すると思う。

結果、現実、功利、実力、そして運。

辛辣な一言「レベルが違う」

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

最近、レベルが違う残酷な現実を突きつけられたのでお話しします。

残酷かどうかは主観ですけど。

 

 

1.K大トリリンガル美女学

ある金融系のインターンでの出来事。

 

ひとりだけ別格に頭がいい人がいた。

頭がいいにも色々あるけど、とりあえず頭いい。

 

グループワークが始まるや否や自前のアイパッドを持ち出し、

Excelか何かでデータを整理してグラフ化して鬼論理的にプレゼンしてた。

人事の人もその有能さに若干ひいてた。

 

その学生は日本語が堪能な中国人だった。美人だった。

英語もクッソ喋れた。

 

大学もさすが、あのK大って感じだった。

 

「いるんだなー、マジの天才って。」

そう思った。

 

僕は圧倒的なレベルの差を感じるとともに、

ああいう人たちと対等に議論したり、お付き合いするにはどうすればいいのか。

結論としては、このままじゃ無理ってこだけど、

違うベクトルで戦うしかないんだろうと思ったけど、

 

なんか、追いつきたいと思った。

追いつけるわけもないんだけど、

対等になりたいと願うならば、努力するのが最低の義務だと思った。

 

2.名門私大地頭キレキレ美女学

(万が一もあるので、特定されないようにかく。)

 

社会的に美人だと認められる大会で、

美人認定された名門私立大の美女学生と会うことがあった。

 

会うというか、訳あってがっつりお話をした。

お話って言っても、学術的な研究のお話。

 

非モテな感想で申し訳ないですが、

美人すぎた。

 

喋ってると、その地頭の良さ、育ちのよさが伝わった。

 

まあ、僕の人生で今後二度と接点がないであろう人種だと感じた。

 

神は二物どころか、何物でも与えちゃうよね。

美人・頭・育ち

 

全て上位互換な人間と対等になるには、どうすればいいんだよ。

考えること自体、恐れ多い。

 

そんな卑屈な気持ちになるとともに、

対等になりたいと願うならば、努力するのが最低の義務だと思った。

 

3.首席卒同ラボの友人

首席卒で同研究室の友人がいる。

 

もちろん、イケメンで彼女もいる。

ただ、誠実なやつでモテるんだけど彼女にゾッコンみたいなやつだった。

 

が、最近やりまくってるらしい。

 

僕はイケメンで浮気しない男はやっぱいないんだなーと思った。

 

その話をそいつに伝えたら辛辣な一言が帰ってきた。

 

「そういう話は、俺と同じレベルになってからしてくれ」

 

さすがに傷ついた、思ったことを素直に伝えてくれる良き友だったけど、

凹んだ。

 

そうだった、俺はもう23才。

少なくとも20年分くらいの差はついちゃってるんだな。と痛感した。

 

次の20年。僕が40くらいになった時

こいつらとまた話せるように、

必ずしも同じベクトルじゃない努力を

着実に積み重ねていきたい。

 

 

リクラブが横行する現実と実態。「モテ就活生vs非モテ就活生」

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

リクラブって言葉知ってますか?

 

リクルート(就活)とラブ(恋愛)を掛け合わせた言葉だと、

僕もつい最近知ったんですけど。

 

まあ、割とあるんやね。

 

この夏、インターンシップ行ってきましたけど、

女の子と仲良くなるチャンスありまくりでした。

 

非モテの僕でも、割と仲良くなったりしてます!!!

 

が、インターンシップを終えて、研究室の同輩と喋ってみると、

「巨乳の女の子にライン聞かれて、泊まってたホテルの番号教えちゃったよ」

とか、

ツイッター教えたらDM来て、これって浮気かな?」

 

みたいな、上級就活生…じゃなくてモテ就活生のワンナイトリクラブの話を聞いて

まあ、下級就活生…じゃなくて非モテ就活生の僕は卑屈になるよね。

 

イケメンで地頭いい奴には内定も与えられる現実。

 

キッツイ〜。

しゃあないっすよ。

 

前向きに。

 

 

上級国民/下級国民 (小学館新書)

上級国民/下級国民 (小学館新書)

 

 

5W1Hの考え方は合理的だと思う。

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

5W1Hの考え方ご存知ですよね?

 

why(なぜ)

when(いつ)

where(どこで)

what(なにを)

who(だれと)

how(どのように)

 

この考え方を用いると、悩みがすっきりと整理される気がします。

例えば、大学進学の問題。

大学に行く理由を5W1Hで考えてみます。

 

why(なぜ)

⇨みんなが行くから

when(いつ)

⇨現役で(18~22歳)

where(どこで)

⇨都会にある

what(なにを)

⇨特にない

who(だれと)

⇨ノリのいい仲間

how(どのように)

⇨楽しくワイワイ

 

今度は就職の問題。

働く理由を考えてみます。

 

why(なぜ)

⇨お金を稼ぐため

when(いつ)

⇨定年まで

where(どこで)

⇨ある程度の都市部で

what(なにを)

⇨やりがいのあることを

who(だれと)

⇨優しい人達と

how(どのように)

⇨ゆるふわと

 

こうして考えると、

全ての5W1Hを実現することはかなり難易度が高いゲームであることがわかります。

また、全て実現しようとすることがいかに傲慢かわかるでしょう。

 

5W1Hに優先順位をつけるといいと思います。

 

why(なぜ)

when(いつ)

where(どこで)

what(なにを)

who(だれと)

how(どのように)

 

あなたはどのベクトルを大事にしますか?

【重症】「わかりません」が言えない病。+α(大学院生の愚痴。

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

大学院生になって初めての夏は、

大学生のころとうって変わって、

バリ忙しいですね。

何でこんな忙しいんやろーというより、

何で去年まであんな暇やったんやろーという感じっす。

 

いわゆる学会発表が2つあって、論文作成その他もろもろヤバいっす。

インターンもあるのに。。。

ここに来て、プログラムあれ、バグじゃね?みたいなことがあって

もう、教授激怒ですね。(何で確認してないんだゴラァ!!)

 

まあ、過去の先輩がやったプログラムを元に作ってるんですけど、

その先輩が間違ってたんですよね。

うまくプログラムが回ってたのは「たまたま」だったんですわ。

日本のちゃんとした大学院、研究機関でもクリティカルなミスがあっても平然と論文書けちゃう世界を体験してるので、

世の中の大企業が信じられないようなミス(改ざんとか)やっちゃうのも、まあそりゃーねという見方になりました。

(研究機関ってウソというかほんとかどうかわからんこと確かめてるんか分からんことめちゃある!) 

僕がその先輩にこと細かく本当にあってるのか?と

問い詰めなかったのも悪いと今になって思うんですが、

 

一番、思うことは、

 

「あの先輩、なんもわかってなかったんやな」

 

 ってことなんですね。

 

教授に対して、表面的には「わかってます。」と

威勢良く返事してたけど、わかってないんや。

それで教授もできるやつやと思ってたみたい。

 

僕もわかったふりしちゃうタイプなんですけど、

ウソがつけないんですよね。

 

 

わかってないことをわかってます。なんて言えない。

 

でも、最近教授にめっちゃお叱りを受けて、

メンタルが崩壊した今、気がついたことがあったんです。

 

それは、僕、というか日本人の多くは、

「わかりません」が言えない病だなってことです。

 

わからないことを素直に聞けないことです。

 

わかったふりしてしまうところです。

 

 だから、教授と議論するたび激怒されんのかなって。

(まあ、議論にもなってないかもやけど)

 

*****

 

日本人って授業中にあんまり発表しないじゃないですか。

質問する人を痛い目でみる空気あるじゃないですか。

 

あれが「わかりません」が言えない病の原因だと思いますよ。

 

義務教育でそういう風に洗脳されたんですよ。

 

だって30~40人のクラスで先生が「わかりましたか?」っていう質問に、

誰か一人が「わかりません」って答えると先生の労力ハンパじゃないですからね。

わからなくても「わかります」っていう生徒が気に入られるし、

評価されるシステムなんですよ。

 

 

「年金」って何かわかってますか?

 

僕は全くわかりません。

 

教えてください。

 

え、知ってるんでしょ?

どういうことか説明して?

ちょぱろうくん?

by教授

 

voicy.jp

負けそうな時「最低な自分」を思えば人生は向上すると思う。

f:id:dc_chopper:20190803082931j:plain

 

こんばんにちは。

ちょぱろうです。

 

オナ禁(意思を持って継続する努力)続いてますか?

 

「あー、今日はもういいか。」

「また、明日から頑張ればいいか。」

 

負けそうになってませんか??

 

僕はオナ禁(意思を持って継続する努力)に何度もトライして、

負けそうになった時、頑張れるコツみたいなのを掴んだので、

皆さんのお役に立てればと思い、書きます。

 

負けそうになった時、想像して欲しいんです。

 

「最低な自分」を。

 

ここで快楽に溺れ、オナニーしてしまったら、

ずっとこのまま浮かばれない自分のままだってこと。

何も前進せず、ジジイになるんだという事実を。

 

ここで、その努力をやめたら

どんな悲惨な未来が待っているのか。

 

想像して欲しいんです。

 

 

逆はダメですね。

 

これをやったら素晴らしい自分

 

最高の自分が待ってるんじゃないか?

 

そういう努力は得てして続きませんでした。

 

それは多分、現状の自分とかけ離れすぎたイメージだったからかなと思います。

 

このブログに来てくれてる人は、自己肯定感が低い人。だと思う。

だって僕もそうだから。

プライドだけは高いみたいな人。

 

そういう人は、負けそうな時

オナニーしてしまいそうな時

 

最悪の自分を想像して欲しい。

 

そうすれば、ちょっとは頑張れると思う。

人生は向上すると思う。

 

 

人生を「快楽」というドブに捨てないためにすべきみっつのこと

f:id:dc_chopper:20190803081447j:plain

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

僕の考えを書きます。

僕はまだ何も成し遂げていないので説得力はありませんが、

おそらくこうすれば人生よくなるんじゃないかと思うことを書きます。

 

なんの根拠もないので、信じるかどうかはあなた次第でお願いします。

 

 

1.ネットを断つ。

 

僕はネットで人生を「快楽」という名のどぶに捨ててきました。

今、この瞬間も自己顕示欲に支配されて、

その快楽を得るためにブログを綴っております。

 

ネットの何がいけないか?

 

ここにたどり着いて、この記事を読んでいるあなたはおそらく、

ネットが好きな人なのだと思う。

 

非現実的なことが好きな人だと思う。

 

僕もそうです。ネットは素晴らしいんです。

 

でも、素晴らしすぎるんですよね。

性的欲求、承認欲求、そう言った欲望をいとも簡単に満たせてしまう。

クソしょうもないことで満たせてしまうんです。

これは問題だと感じてきました。

僕は嫌です。

 

ネットで満たされる快楽で

果たして人生幸せなんだろうか?

甚だ疑問に思うし、そう思いたくないんですよ。

 

現実世界で、傷つくことはあるでしょう。

そんな時に、僕はアイドルの存在がありました。

ツイッターや、ブログを見たりしました。

可愛い彼女、慰めてくれるな彼女たちがそこにいました。

 

ムラムラしました。

性欲をぶつけても何一つ嫌な顔しないav女優がいました。

 

確かに、ネットは救いになります。

 

暇なときに、時間を潰せますよ。

 

でも、ダメでしょ。

 

俺みたいな、お前みたいな何もない人間が、

アイドルみたいに可愛い女の子に優しくされたら。

擬似なんですけど。

もう、その境目ってわかんないレベルですよ。

 

2.人と会って話す。

 

ネットやってるとコミュ障になる。

 

人にあっても挨拶しない若者になるでしょ。

人と人との表情のきびとかわかんなくなると思う。

特に、スマホで人が話してるのに自分は反応しなくていい状況はやばいと思う。

 

普通、誰かと対人で話す時って、その場面でどういう表情をしていいか、するべきか考えるでしょ?

真剣な会話だったら、真剣に聞いてなくても「真剣そうな」表情するでしょ?

下ネタだったら、「いやらしい」表情するでしょ?

 

対人のコミュニケーションにおける「反応」という能力をネットでは必要としない。

この文章読んでるあなたは、「無表情」でしょ?

 

これが人をコミュ障にする。

 

 

ネットは甘えだ。

 

現実は辛いんじゃない。

ネットが甘いだけ。

感覚が麻痺してくる。

 

ネットを使うと、オナニーしたくなるし。

オナニーはまじでやばい。

 

労力に対する報酬が大きすぎる。

すなわち快楽のコスパ最強。

 

感覚バグるよ。

 

「勉強していい成績取る」っていうことがコスパ悪いことに思えてくるよ。

 

スマホでちょっと指を動かすだけで、裸の女の人が見れるって

おかしいよね?

 

ネットをやめよう。

暇な時間過ごす方が、まだいい。

 

できるなら、できるだけ人にあって喋ろう。

人と喋ることって、結構脳みそ使う。

 

3.やりたくないことを敢えてやる。

 

しんどいことをやろう。

 

とは言っても、僕もできてないんだけども。

頑張ってやっていこう。

 

特に大学生とか、昼過ぎまで寝てないか?

 

それヤバいと思うよ。

 

眠たいから、だるいから?

 

眠くても起きろ。不快な気持ちに争えなくなるぞ。

 

人は「理性」ってのがある。

 

犬はおしっこしたかったらおしっこする。

吠えたかったら吠える。

 

でも、お前は、俺は、おナニーを我慢しようと思ったら、

我慢できる。

 

どれだけ眠たくても、起きることができる。

 

その力こそ、全てに通づる何か重要な力だと思う。

僕はそう思う。

 

ポテチ食べたいけど、我慢しようかな。

ゲームしたいけど、勉強しようかな。

 

これが、努力する力になると思う。

 

我慢することが、努力だとは思わないけど、

自分の気持ちに正直にとかっていうけど、

本能に正直になったら、終わりだと思うよ。

 

犬と一緒やん。

 

自分に打ち勝って、「本能」ではやりたくないけど、

でも「理性」で、理想で、志でやりたいことをやる。

 

そういう我慢ができるようになっていこうや。

 

僕はまだまだ、できん。

 

できんけど、できないことが快楽だから、

この「快楽」から解放されよう。

 

嫌なこと、嫌な気持ち。

それめっちゃええんやで。

 

人生を「快楽」というドブに捨てないためにすべきこと。

 

・ネットに依存しない。

・人にあう。

(好きになる人、尊敬する人は自分が会える人にしとこ、まずは)

・我慢すること

 

以上ですわ。

また、しんどくなったらこのブログに戻ってきてな。

 

 

 

ネット断ち1週間した男の末路【俺vsGAFA】vol.2

f:id:dc_chopper:20190803081921j:plain

 

こんばんは。

ちょぱろうです。

 

今回は「ネット断ち」1週間行ってみた結果を報告します。

 

一言でいうと

 

「行動力爆上がり」

 

でした。

 

 

 

この1週間で行動したことを書きます。

 

え?こんなの普通でしょ?ということも、

ネット断ちする以前は面倒で

僕ができていなかったことです。

 

1.眼科に行きコンタクト購入

2.メガネの処方してもらう

3.夏用に靴屋でサンダル購入

4.自転車のタイヤ交換にいく

5.四季報を購入して読む

6.選挙にいく(人生初)

7.インターンシップ参加

 

くらいかな。。

これ、全部ずっと前からなんとなく

「やっておきたいなー」

と思っていたことなんです。

 

ネット断ちをするとできるようになりました。

 

なぜか?

僕はこう仮説を立てました。

 

*****

 

「やっておきたいなー」ということは

やったら報酬(快楽・ドーパミン)が得られるものです。

 

報酬を得ると人は満足します。

この報酬(快楽・ドーパミン)ネットで簡単に満たされてしまいます。

そういう風にGAFAが仕掛けてくるからです。

 

人は、満足すればさらに余分な報酬を得ようとはしません。

すなわち、行動しません。

結果、「やっておきたいなー」ということをやることはないのです。

 

******

 

それと、ツイッターとか、ニュースを見なかったので、

アニメスタジオで火事が起こったことや、

吉本興業のこととか、

よくわかっていません。

 

そして、よくわからなくても、全く困っていません。

 

僕は、気がつきました。

 

所詮、他人事なんやと。

 

ネットを使うことで、随分と「他人の人生」を生きてきたんだなと。

 

正直、youtube見たって、ツイッター見たって、僕の人生(あなたの人生)

何にも影響ないぜ。変化ないぜ。

 

究極言ってしまうと、意味ないぜ。

 

このブログ見てもらって嬉しいけど、見るこの時間、めっちゃ無駄だから。

 

ネットやるくらいなら、リアルを見たほうがいい。

まあ、でもこれむずいよね。

 

正直、この1週間全くネットに触れてないわけじゃない。

ずっと、スマホ触りたい。ユーチューブ見たい。

ワイファイが切ってあることにイラつくとか。

禁断症状が見られた。

 

少しずつでいい。

ネット断ちを実践していこうぜ。

 

ネット=非リアル

 

非リアルで得られるものは、どこまで言ってもリアルじゃないんよ。

 

現実を生きようや。

辛くなったら、たまにこのブログに戻ってこいや。

 

これ以上、ネットで自分の人生を犠牲にするのはやめようや。

 

 

 

あ、それと、

 

当然、ネットみないからオナ禁1週間余裕。

結局、オナ禁成功させるには「ネット断ち」なんですよ。